行政書士の独り言をつづっています


by uetanisu

事故物件

今日は徳島へ出張します。

日帰りです。
片道2時間の高速バスですから、テキストを持ち込んで、真剣に学ぶんですよ。
試験までのこり40日。
ここからは本気度を高めていきます。
集中力のみせどころ。

芝居のシナリをも持参します。
来年の2月公演です。
野志市長も関心をもっておられ、ぜひ、見てみたいと言われているそうです。
あんな芝居を?

昨日から、知人(Kさん)の依頼を受けて、事故物件(自殺・他殺・不審死)の査定を行っています。
通常、自己物件は忌み嫌います。
「どうしたもんじゃろか?」
と、Kさんはわたしに尋ねるのです。
わたしは知人Kさんと親しい間柄です。
「買っておきなさいよ。」
と、わたしは助言しました。

会社員や個人の方にはソレをあまり進めるわたしではありませんが、Kさんは商売人です。
また、その事故物件の所有者(故人)と仕事上の取引もあり縁があったのです。
買ってあげることが、故人に対しての供養になる、とわたしは思うのです。

商売人だからといってお金儲けばかり考えていたんではいけません。

相続された方も、持て余している物件でもあったのです。
Kさん、ここで買わなきゃ男じゃありませんよー。

譲り愛・・助け愛・・人にやさしい愛進178.png178.png





[PR]
by uetanisu | 2017-09-06 06:44 | 千客万来 | Comments(0)