人気ブログランキング |

行政書士の独り言をつづっています


by uetanisu
カレンダー

今日も春

春はまだまだ続くようです。

のどか、です。
私、事務所で月刊行政書士を読んでいます。
会員ですから毎月来ます。
ハイ。
去年の行政書士試験の結果がでています。
愛媛県の合格率17.3%
合格者49人。

うそだろう~136.png)、と私は驚きを隠せません。
二けた合格率の試験が国家試験と言えるのだろうか?、と。
私のときは4.5%だったんですよ。

ひどいなー。
宅建ならいざしらず。
宅建は例年15%前後です。

政策によって合格率が大きく変動するのはよくないですね。
士業の質が落ちます。
(私が言えるのか!、は、さて置いておいて)

昨日の不動産の取引(売買代金の決済と引き渡し)には、
宅建士と、司法書士と、弁護士の3種の士業の方が同席されました。
ご承知のとおり、弁護士試験は超難関です。
司法書士試験だって、簡単ではありません。

いま、うちに出入りしてくれている行政書士さんは6回司法書士試験に落ちたそうです。
6回チャレンジしたのです。
立派です。
私、そんな人大好きです。

私は今までに一度も司法書士さんになりたいなどと思ったことはありませんね。
私がなりたかったのは、作家(中学生の頃)かあるいはミュージシャン(高校生の頃)だったんです。
この2種の職種の方にはかないません。

合否はその人の向き不向き、運に左右されることもあり、合格が全てではありません。
合格したからエライわけでもない。
当たり前。
それで免許をもらって飯が食える、ただそれだけです。

立派なのは、黙々と、孤独の中で、その暗い受験勉強に精出す行為そのものなのです。
受験勉強は、心身にとても悪い。

私も毎日毎日遅々としながら勉強しています。
私はバラエテイが取り柄ですので、この道一筋が嫌いですし、私にはできません。
そんな私ですが、いま、不動産鑑定士を受験する意味も(もしかして)合格する意味も、実はないのです。

しかしながら、お気楽に楽しくよもだで暮らしていては、自分が腐っていくような気がして、勉強(も)、しているのです。
私なりにバランスを取っています。
富に偏り、心に偏りが生まれると、人は醜くなります。
自戒の念。

譲り愛・・助け愛・・人にやさしい愛進178.png178.png178.png











by uetanisu | 2018-04-03 07:36 | 千客万来 | Comments(0)