行政書士の独り言をつづっています


by uetanisu
カレンダー

助言師

5時起床。ハナ金。

宅建受験モードに突入した私。
今朝は、住宅金融支援機構、景品表示法、と、不動産鑑定評価(途中まで)をおさらいした。
受験ではそれぞれ1点とれる科目なんです。
景品表示法は実務でもタメになります。
受験生として、講師として、実務家として、三つの頭で読み込んでいきます。
なので、読みごたえがあるんですよー。

受験生だけで読んでたらうんざりします。142.png
皆さん、そうでしょう、そうだったでしょう?

事務所には私を頼ってくれて不動産に関する相談が多いです。
もっぱら私の講座(登録実務講習、宅建士講習、開業セミナー、その他の講演)の受講生が多い。
あるいは噂を聞きつけて。

無料です。
電話、メール、来店、それぞれ。
私の事務所ならではなんです。

そんな事務所は県内といえども愛進だけです。

で、回答に好評な理由は、
①毎年受験しているため、おおよその法律(民法・宅建業法・都市計画法・建築基準法などの法令)が頭に入っていること、
 特に宅建業法の条文はほとんど頭に入っています。
②私は実務家であるので事例にも詳しいこと。裁判の事例集にもよく目をとおします。
③講師としての顔があり日々真剣に研鑽を積んでいること、と。
と?・・・

実は、サラリーマン時代に金融・不動産会社の支配人として、さまざまなクレームトラブルの経験を積んだんです。
自殺他殺不審死などの事故物件に立ち合い、の関係者との交渉もあり、わけのわからない異星人?らとも何度も渡り合ったんです。
支配人として、裁判にもよく出廷しました。

この経験が、実は(実話)とっても大きいのです。166.png

いまは恵まれた時代です。
学ぼうと思えばいくらでも学べます。
ネットでぽん!と出てきます。

でも、現実の実務の経験が一番頼りになります。
助言師のダニーです。114.png114.png

譲り愛・・助け愛・・人にやさしい愛進178.png178.png178.png







[PR]
by uetanisu | 2018-07-13 07:26 | 千客万来 | Comments(0)