人気ブログランキング |

行政書士の独り言をつづっています


by uetanisu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

餓死

おはようございます。

まだまだ寒い。
こころは温かい。
からだも丈夫です。

イヨカンをたくさんいただきました。
ほどよい酸味がすてきです。
甘すぎる果物が多すぎるなかイヨカンはまさに絶品なんです。

私は、甘いものにとらわれず(できれば避けて)カラダによいものを食します。

さて、2月も早くも半ば。
この先どうなるのだろう?
ええ、どうもなりませんね。

事務所の時計もチクタクと、とまどうことなく音を刻んでいます。

昨日、双海町のスイセン畑をドライブがてら鑑賞してきました。
もう終わりかけていましたせいか、鑑賞客はごく数名。
ただ、団体ツアー客が私の帰り際、押し寄せてきました。
いまどき、こんなとこに団体バスツァーで、日本人?などと、いぶかしげに見ておりましたら、可愛らしいバスガイドさんが「こんにちは!」と、声をかけてくれました。
餓死_b0065555_07491064.jpg

風もあまりなく、ほどほどに良い天気でしたから。

ところで、畑の上り口の少し手前の広い道路の横に慰霊塔が建っていました。
スイセン畑に行かれた皆様は見たことがあると思います。
いまから300年ほど前、双海町では大飢饉があってたくさんの方が餓死で亡くなったそうなんです。
その時に建てた慰霊塔がそこにありました。

300年、
餓死、
海岸沿い、

人として食えないことほど悲しいことはありません。
見晴らしのよい畑に咲くスイセンの花よりも、畑のそばのお墓(文化〇〇年、嘉永〇年)や、300年前の慰霊塔を見ながら、感心するダニーさんなんです。
ええ、いずれ私も死ぬんです。
餓死はいやだ。107.png

譲り愛・助け愛・人にやさしい愛進178.png178.png178.png



by uetanisu | 2020-02-12 07:48 | 千客万来 | Comments(0)