人気ブログランキング |

行政書士の独り言をつづっています


by uetanisu
カレンダー

宅建業法の読み直し

良い雨です。

田植えも近いので気にかけていました。
さて、宅建業法を読み直しています。
先日の取引では、農地の売買でしたが、はたして農地は宅建業法上の土地にあたるのかどうか。
宅建士テキストを読みおさらいをしました。

業法なのか、違うのかによって扱いが全然かわるのです。

で、今日の取引は贈与取引です。
不動産(住宅とアパート)のタダの契約。
宅建業法の取引にあたるの?
宅建業法の読み直し_b0065555_07270711.jpg
エリート研修生Aさんの判定はノー。
わたしもノー。
監督官庁(愛媛県)の見解は?
昨日FAXいただきました。

皆さんはどう思われますか?
無償贈与の取引は宅建業法の範疇なのか、外なのか。

次に、税金はどうなるのでしょう。
贈与税は高いです。
買主の身分(法人個人、赤字黒字などなど)によって税がかかるかかからないかが変わってくるというのです。
こちらは税理士事務所にて調査済みですが。

不動産の権利の移転(売買、賃貸、贈与、その他あります)もさまざまです。
ようは研鑽を怠らないことです。
学ぶワシには福きたる


譲り愛・・助け愛・・人にやさしい愛進





by uetanisu | 2021-04-17 07:27 | 千客万来 | Comments(0)