人気ブログランキング |

行政書士の独り言をつづっています


by uetanisu

2018年 04月 11日 ( 1 )

天赦園

昨日、忙しい合間をぬって天赦園の白藤を観てきました。

江戸時代の宇和島藩主が作った庭園です。
殿さまはここで晩年を余生を過ごされて90数歳まで長生きされています。
こんな庭で余生を送ることができればこれほどの幸運はない。
そんな思いがします。

小ぶりですが趣の深い庭園です。
私は毎年、恒例としてこの時期この庭園を観に行くんですよ。
高速をブッ飛ばしてココから1時間半です。
白藤は毎年咲きほこりますが、私はこの時期毎年一度は訪れます。

気分転換にもなるんです。
私にも私なりに悩みや苦しみは当然に起こります。
ただし、それを顔に見せない。
言葉に出さない。クチに出さない。

できるだけ明るい方向に、気持ちを、考えを、向ける。
花で言えばひまわりのように。
そうゆう生き方を心がけているんです。
それだけでもずいぶん気持ちが楽になるんです。

悪いモノを数え始めたらいくらでもあるんですね。
イヤなことも星の数ほどあります。
でもあえてそこに光をあてず、ソレを数えない。

今日は、今治方面へ、行政書士として出張します。
お世話になった今治の社長さんからの依頼です。
この人のおかげでいまの私がある。
私の師匠の一人です。
だからどんな無理難題でもとりあえず引き受けてみる、のです。

今治はいま脚光??を浴びています。
一つには加計学園のこと。
もう一つは塀の無い刑務所(造船所寮)からの受刑者逃走のこと。
逃走というより遁走と言った方が、いいかも。

二つとも、地元にとってはあまり喜ばしいことではありません。
数えたくない出来事です。

ここに、そこに庭が無くても、いつも自分は庭の中に居る。
そんな心がけで生きてゆきたいと思います。
これからも。

譲り愛・・助け愛・・人にやさしい愛進178.png178.png178.png



by uetanisu | 2018-04-11 06:54 | 千客万来 | Comments(0)